楽天ペイでの支払いが便利なので使い方とか注意点とか簡単に紹介!!

いつかレジでペイペイを齋藤さん風に言ってやろうと思っているMORITAです。

 

 

GooglePay、PayPay、LINE Pay、Alipay、もろもろペイばっかりですが、すっかり存在を忘れていた楽天ペイ(Rpay)を導入してみました。結果…

 

 

 

おすすめです!!

 

 

 

使いやすいですね。楽天IDとクレジットカード(楽天じゃなくてもOK)を所有している方限定になりますが、支払いをスムーズにしたい人やちょっとした支払いが面倒な人におすすめで重宝できます。おサイフケータイも必要なくスマホ(条件は下記記載)があれば簡単に導入できるので今回は使い方や注意点などを簡単に紹介したいと思います。

 

 

楽天ペイ(Rpay)を利用するのに必要なもの

 

 

・楽天ID

(街中でのお店利用及びネットショッピングどちらにも必要になります。)

 

街中でのお店利用

楽天ペイアプリ

iOS(Apple製品): iOS 12.0以上

Android OS   : Android 7以上

支払い方法(どれか一つ)

・クレジットカードでの支払い(楽天カード、Visa、MasterCard、JCB、American Express)

楽天キャッシュへチャージしてからの支払い(楽天カード、楽天銀行口座、ラクマ)

・Suica 及び 楽天Edyを利用した支払い(おサイフケータイが必要になり複雑なので割愛します)

 

 

かなりややこしいんですが、クレカに抵抗が無い人は楽天カード。クレカは嫌だって人は楽天銀行を選ぶといいでしょう。ちなみに、楽天キャッシュとは楽天が発行する電子マネーになり楽天経済圏の住人なら問題なく利用できるレベルです。そして、楽天キャッシュへチャージとは楽天カードや楽天銀行口座から楽天の電子マネー(楽天キャッシュ)へ両替え(チャージ)すると考えれば分かりやすいですね。

 

 

ネットショッピングでの利用

支払い方法(どれか一つ)

・クレジットカードでの支払い(楽天カード、Visa、MasterCard、JCB、American Express)

・楽天キャッシュへチャージしてからの支払い(楽天カード、楽天銀行口座、ラクマ)

 

 

こちらも街中でのお店利用と同じくややこしいんですが、クレカに抵抗が無い人は楽天カード。クレカは嫌だって人は楽天銀行を選ぶといいでしょう。

 

 

楽天ペイ(Rpay)アプリの利用方法

 

 

ネットショッピングで楽天ペイを利用する場合はアプリ不要です。

 

 

①. App Store 及び Google Playストアで楽天ペイを検索

②. アプリダウンロード

③. アプリ起動後、楽天IDとパスワードを入力してログイン

④. 楽天ペイ利用規約同意(位置情報をONにする)

⑤. 自分の携帯電話の番号入力

⑥. SMSに届いた数字6桁の認証番号を入力

⑦. 決済で利用される支払い元を選択

⑧. 登録完了のメッセージでOK

 

 

大体5分ぐらいで登録できます。位置情報をONにしないと前に進めなかったので予めONにしておくとスムーズに登録できると思います。

 

 

楽天ペイ(Rpay)アプリの使い方

 

 

ネットショッピングで楽天ペイを利用する場合はアプリ不要です。

 

 

街中でのお店利用

 

①. レジで楽天ペイのアプリ起動

②. 店員さんに元気よく、『 楽天ペイで! 』

③.バーコードの画面を見せる

④. 支払い完了

 

 

アプリを起動してバーコードをスキャンしてもらうだけです。一部店舗によって画面の操作が必要ですが、QRコードを読み込んだり金額を入力したりするぐらいです。ネットショッピングはサイトの購入手続き画面での支払い方法の選択や楽天IDの入力ぐらいでそんなに難しくありません

 

 

使える場所

 

街中で使えるお店

 

インターネット上で使えるお店

 

 

注意点

楽天IDが必要

無料で作成可能

利用上限金額がある

会員ランクや店舗によって違う。また、クレカは利用限度額の範囲内

使えないサービスがある

金券類、支払票(収納代行)の支払いなど、一部購入できないもの有り

位置情報が必要

外しても使えますがトラブルは恐らく自己責任です。。

スマホなどの充電切れは使えない

画面のひび割れも駄目かもしれません

通信料が必要

充電と電波状況も注意しましょう

 

 

感想

 

QRコード支払いやバーコード支払いを使わず嫌いしていましたが、PayPayの100億円キャンペーンで好印象を抱き楽天ペイも導入しましたがかなり便利ですね。PayPayと同じでレジで財布から硬貨がスムーズに出せない時や通勤時間帯のコンビニ利用などにイライラしていたのが解消されました。日常の細かい買い物や時間が無い時の利用などにピッタリです。PayPayをすでに導入している人は、基本的に使い方が同じなので楽天ポイントを貯めているとポイント分得するので楽天ペイをメインにPayPayはキャンペーン時にと両方を使い分ければいいのかなと思います。日頃から楽天さんのゴチャゴチャしたキャンペーン紹介等はいけ好かないMORITAですが、楽天ペイのキャンペーンも結構還元率がいいのでおすすめです。ただ利用店舗が少ないのが少し残念に感じます。その辺はこれから増えるか減るかどちらかになると思うので見極めも必要になってくるでしょう。今後、決済サービスのシェア争いでどこに軍配が上がるのか分かりませんが楽天ペイもがんばって欲しいですね。

 

 

今回の導入で初めて気づいたんですけど、なんちゃらペイって基本的にクレジットカードを電子化するという事が多いですね。MORITAはどうでもいいんですけど、クレジットカードを電子化!!って全面的に謳った方がスマホが苦手な人達もとっつきやすいのにと思ったり思わなかったり…