ワンタップバイ米国株の運用状況と主要ネット証券会社最低取引手数料比較!!

OneTapBUY米国株を絶賛利用中のMORITAです。

 

 

米国株は買付手数料が日本株よりかかるため、ある程度まとまったお金が必要です。ところがこのOneTapBUY米国株はそんな懐事情を気にすることなく米国株へ投資する事ができます。現在資金不足のためMORITAはOneTapBUY米国株を利用していましたが、今月始めにびっくりする事が起きました。なんと、

 

 

 

主要ネット証券会社の最低取引手数料値下げバトルです!!

 

 

 

米国株を買っている人には超がつくぐらい朗報で、最終的には最低取引手数料を無料にするという嬉しい自体です。マジサンキュー!!と独り言を言いながらも一つ問題が起きました。このブログです。ブログのネタに毎月OneTapBUY米国株の運用報告記事を作成しようと思っていただけに、わざわざ手数料を払ってまで継続できるほどブルジョワではありません。そもそも、MORITAは株取引の最大の敵は手数料だと思っています。でもブログのネタが減る…とモヤモヤ悩みながらも公開する月末になりました。

 

 

 

結論としては一時中断です。

 

 

 

このまま最終回にするかもしれませんが、ワンタップバイもOneTapBUY米国株の最低取引手数料を見直すかもしれないという期待を抱いています。今回は22ヶ月目の運用状況の報告と主要ネット証券会社の最低取引手数料比較について紹介したいと思います。

 

 

 

 

紹介しているのはOneTapBUY米国株都度プラン」のみです。OneTapBUY米国株都度プラン」しか使っていません。

 

 

 

 

 

 

・ワンタップバイ米国株少額投資!!のマイルール
・ワンタップバイ米国株少額投資!!ポートフォリオ
・銘柄選定について
・損益推移
・主要ネット証券会社最低取引手数料比較
・感想

 

 

ワンタップバイ米国株少額投資!!のマイルール

 

投機などと違い気長に長期保有を前提として投資をしていました。マイルールなども一応作成していますがかなり緩く、買付けを忘れそうになる月も多々あり値動きに気を取られることもほぼ無くストレスを感じる事がありませんでしたが、主要ネット証券会社が最低取引手数料を無料化した為、思考停止中です。

 

 

  • 運用期間は10年-お金が入用で無ければ運用期間見直し
  • 月に一回¥23,000円を入金-中途半端な金額ですがまたの機会に記述
  • 月に一回¥5,000円を一社〜三社へ投資-残金は相場急落時に突っ込む待機資金
  • 保有銘柄上限数-五社まで
  • 投資銘柄-その時の気分で自由に
  • 売却は基本しない-が、興味が無くなれば売る
  • ニュースで急落等が起きた場合は待機資金を突っ込む-目分量で

 

 

ワンタップバイ米国株少額投資!!ポートフォリオ

2019年7月27日現在

 

 

銘柄選定について

 

以前の記事で保有銘柄の理由を記事にしていますが、OneTapBUY米国株の口座は基本買いたい銘柄を買っています。難しい事を考えずに好きな会社や数年後儲かるかな?など深く考えずに選定していました。

保有銘柄

アップル(AAPL)

ツイッター(TWTR)

エクソンモービル(XOM)

直近売却銘柄

ゼネラル・エレクトリック(GE)ー長期で持つつもりでしたが忍耐不足による失敗。数百円プラスで売却済み。

銘柄入れ替え候補(中断)

セールスフォース・ドットコム(CRM)

ゴールドマン・サックス(GS)

 

 

損益推移

2019年7月27日現在

 

 

運用期間が長いので現在の損益は全く気にしていませんでした。V字回復していたので、買い付ける銘柄や新規銘柄の選択に少し悩む状態が続いていました。しかし、次項目の主要ネット証券の最低取引手数料無料化に伴いOneTapBUY米国株を利用するか悩むハメになりました。

 

 

OneTapBUYと主要ネット証券会社の最低取引手数料比較

2019年7月26日時点

 

会社名売買手数料下限額上限額備考(約定1回あたり
OneTapBUY0.50%5米国株少額投資最強伝説崩壊?
SBI証券0.45%無料20ドル約定代金2.05ドル以下は無料
マネックス証券0.45%無料20ドル約定代金1.11ドル以下は無料
楽天証券0.45%無料20ドル約定代金2.22ドル以下は無料

 

 

よく見てみるとさほど影響のないことかもしれません。自分の一回の約定金額と年間の取引回数を電卓でたたけばある程度の年間取引手数料がわかるので計算して判断したいと思います。主要ネット証券会社の無料になる約定代金で株を購入することはまず無いと記事を作成中に気づきました。

 

 

感想

 

CRMとGSの2択で悩んでいましたが組み入れ自体を中断しました。相場は相変わらずのブロックチェーンゲームのマイクリとクリスペ三昧とポイント案件の記事作成の為にプレイしたモバロワローモバで忙しかったので、いつも通りチェックもしていませんでした。Feedly(情報収集の神アプリ)で主要ネット証券会社の最低取引手数料無料化が分かり、マジで!?ってテンションは上がりましたが、困ったことに動けなくなってしまいました。もし証券会社の引越しをした途端にワンタップバイが最低取引手数料の無料化を開始しても嫌ですし、ブログのネタ用に他の証券口座と分けていたので他口座と銘柄選定などマイルールがちょっと違います。ホントにどうでもいい理由ですが、どうするのか悩んでいます。10年間あまり深く考えずに米国株を買ったらどうなるんだろう?というコンセプトと資金不足でも米国株を買う!で、OneTapBUY米国株の利用を始めたので趣旨が変わってしまいそうなんですよね。なので、結論がでるまではOneTapBUY米国株の運用報告は休止したいと思います。すぐ復活するかもしれませんし、また違った形で報告するかもしれませんがしばらく静観します。。

 

 

社長さん変わっちゃったし景気付けにワンタップバイも最低取引手数料無料化しないかな…