ワンタップバイ米国株35ヶ月目!アメリカン・エキスプレス検討中!

ワンタップバイで米国株へ長期投資中のMORITAです。

 

 

米国株は買い付け手数料が日本株よりかかるため、ある程度まとまったお金が必要です。ところがこのワンタップバイはそんな懐事情を気にすることなく米国株へ投資する事が可能です。現在MORITAはワンタップバイを利用していますが2年と11ヶ月の月日が経ちました。今回は35ヶ月目の運用状況を報告したいと思います。

 

 

ワンタップバイの最近のお知らせ

厳選25銘柄追加!

米国株をメインでやっている人なら半分ぐらいは知っている銘柄じゃないでしょうか?キャンベル・スープやクラフト・ハインツなどお馴染み銘柄からショッピファイやイントゥイットなど流行りの銘柄が追加されました。今回追加された銘柄はどちらかといえば中級者向けの銘柄っぽいですね。

 

25銘柄追加!米国株投資キャンペーン
スマホ証券One Tap BUYは日本初3タップで株の売買が&#12...

 

PayPay証券爆誕!?

2020年秋ごろ「 PayPay証券 」になります。ソフトバンクとZホールディングス(ヤフー)傘下の金融事業会社6社が「 PayPay〜株式会社 」に変わり、One Tap BUYもサービス名称だけではなく社名が「 PayPay証券株式会社 」に変わります。

 

 

ボーナス運用について

PayPayを運用する事が可能になりました。2020年4月15日(水)より、PayPayが提供するPayPayボーナスをOne Tap BUYが提供する独自のポイントに交換し擬似的な運用が体験できるサービスです。詳細などについては下記記事で紹介しています。MORITAも模索中ですがお試しでチャレンジしています。

 

PayPayで投資!ボーナス運用とは?コースはどちらがおすすめ?
いつのまにやらPayPayの還元率が10%近くになったMORITAです。 いずれ10%切るかなと思っていましたが夏ぐらいまでにはあっさり切ってしまいそうです。つい先日までは20%近くまであったのに...ご利用は計画的に...

 

「 One Tap BUY日米株 」アプリについて

2020年3月31日より日本株アプリと米国株アプリが統合されました。アプリ名は「 One Tap BUY日米株 」になります。アプリのベースが日本株アプリの為、米国株アプリは提供終了です。機能などについては下記記事で紹介しています。

 

One Tap BUY日米株は米国株デビューにおすすめ!初心者でも簡単!
【 One Tap BUY米国株 】を絶賛利用中のMORITAです。 米国株は買付手数料が日本株よりかかるため、ある程度まとまったお金が必要です。ところが【 One Tap BUY米国株 】はそんな懐事情を気にすること...

 

 

ワンタップバイ米国株少額投資!!のマイルール

運用期間

10年です。お金が入用で無ければ運用期間は見直します。

月に一回¥23,000円を入金

中途半端な金額ですがまたの機会に記述します。

月に一回¥5,000円を一社〜三社へ¥15,000まで投資

残金は相場急落時に突っ込む待機資金として保持。

保有銘柄上限数

最大五社まで。現段階では四社を目処にしています。

投資銘柄

その時の気分で自由に。

売却は基本しない

が、興味が無くなれば売る。損益より興味です。

ニュースで急落等が起きた場合は待機資金を突っ込む

目分量です…

 

 

ワンタップバイ米国株少額投資!!ポートフォリオ

2020年8月29日現在

 

 

 

 

銘柄選定について

 

ワンタップバイ米国株の口座は基本買いたい銘柄を買っています。難しい事を考えずに好きな会社や数年後儲かるかな?など深く考えずに選定しています。

 

保有銘柄

エクソンモービル(XOM)

・スリーエム(MMM)

・AT&T(T)

・ザ コカ・コーラ カンパニー(KO)

 

購入検討中の銘柄

・アメリカン・エキスプレス(AXP)

 

アメリカン・エキスプレスを購入するか悩んでいます。というのも先日、MORITAが気になっていた企業kabbage(カベッジ)を買収したからです。kabbage(カベッジ)はソフトバンクGが出資しており、所謂フィンテック企業で中小企業向けに自動融資サービスを提供しています。そのうちIPOするかなと思っていましたがアメリカン・エキスプレスが買収しました。そして、アメリカン・エキスプレスとkabbage(カベッジ)の事業内容がめちゃめちゃ相性良さそうという安易な考えです。

 

 

損益推移

2020年8月29日現在

 

 

 

MORITAは長期投資の為あまり短期的な動きは気にしていません。しかし、現在はコロナの影響により相場の動きが気になり毎日チェックしています。短期売買に切り替えたくてウズウズしていますが気持ちとは逆に長期保有銘柄に入れ替えて保守的になっています。因みに含み損の9割はエクソンモービルです。配当止まったらどうしよう…

 

 

感想

 

Apple売るんじゃなかった…相変わらず後悔しております。。ポートフォリオどうこう考えるぐらいならGAFAM(Google,Apple,Facebook,Amazon,Microsoft)だけでよくね?というぐらい強いですね。もう手が出せない最強軍団です。さて、上記で記載した通り現在MORITAはアメリカン・エキスプレスを検討中ですが一番ネックになっているのが銘柄数です。最大五社までとルールを設けているので問題ありませんが投資金額に対して銘柄数が多いように感じています。というのも追加投資をする際に銘柄数が多いと迷いが生じます。中途半端に銘柄数を増やすぐらいなら現状維持をする方がいいのかなと悩んでいます。MORITAが所有している他の口座もそれほど銘柄数は多くありませんしむしろ減らしています。分散投資は基本中の基本ですがどのぐらい分散すればいいのか正直わかりません。かといって集中投資は銘柄選定も難しくリスクが高いので大損する恐れがあります。ま、結論はでませんが、

 

 

バランスが大事!

 

 

ですよね。バランスが全くわかりませんが…保有している銘柄、保有したい銘柄を信じてこれからも投資を続けるしかないですね。

 

 

スポティファイとショッピファイで一瞬混乱するの俺だけだろうか…