ワンタップバイ米国株31ヶ月目!コロナも原油も何も解決していない!

ワンタップバイで米国株へ長期投資中のMORITAです。

 

 

米国株は買い付け手数料が日本株よりかかるため、ある程度まとまったお金が必要です。ところがこのワンタップバイはそんな懐事情を気にすることなく米国株へ投資する事ができます。現在、MORITAはワンタップバイを利用していますが2年と7ヶ月の月日が経ちました。今回は31ヶ月目の運用状況を報告します。

 

 

ワンタップバイの最近のお知らせ

 

2020年3月31日より日本株アプリと米国株アプリが統合されます。

「 One Tap BUY日米株 」アプリについて

アプリ名は「 One Tap BUY日米株 」になります。アプリのベースが日本株アプリの為、米国株アプリは2020年5月末頃に提供終了になるので注意が必要です。機能などについては下記記事で紹介しています。

 

 

One Tap BUY日米株は米国株デビューにおすすめ!初心者でも簡単!

 

ボーナス運用について

ついにPayPayを運用する事が可能になりました。2020年4月15日(水)より、PayPayが提供するPayPayボーナスをOne Tap BUYが提供する独自のポイントに交換し擬似的な運用が体験できるサービスを開始しました。詳細などについては下記記事で紹介しています。

 

 

PayPayで投資!ボーナス運用とは?コースはどちらがおすすめ?

 

 

ワンタップバイ米国株少額投資!!のマイルール

運用期間

10年です。お金が入用で無ければ運用期間は見直します。

月に一回¥23,000円を入金

中途半端な金額ですがまたの機会に記述します。

月に一回¥5,000円を一社〜三社へ¥15,000まで投資

残金は相場急落時に突っ込む待機資金として保持。

保有銘柄上限数

最大五社まで。現段階では四社を目処にしています。

投資銘柄

その時の気分で自由に。

売却は基本しない

が、興味が無くなれば売る。損益より興味です。

ニュースで急落等が起きた場合は待機資金を突っ込む

目分量です…

 

 

ワンタップバイ米国株少額投資!!ポートフォリオ

2020年4月26日現在

 

 

 

 

銘柄選定について

 

ワンタップバイ米国株の口座は基本買いたい銘柄を買っています。難しい事を考えずに好きな会社や数年後儲かるかな?など深く考えずに選定しています。

保有銘柄

・アップル(AAPL)

・ツイッター(TWTR)

・エクソンモービル(XOM)

・スリーエム(MMM)

・ウーバー・テクノロジーズ(UBER)

 

 

損益推移

2020年4月26日現在

 

 

 

MORITAは長期投資の為、あまり短期的な動きは気にしませんがさすがに最近は相場のチェックをしています。動きが激しすぎてポチポチしたくなりますが必死で我慢しています。というより待機資金が無いだけですが…しばらくは現状維持ですね。

 

 

感想

 

あれよあれよと下がり続けていましたが、各国の政府の対応などにより相場はどっちつかずの雰囲気です。コロナも原油価格の下落もこれからどうなるか全くわかりません。そのため、分からないという意味合いでいくと相場はまだ上昇しないかなと考えられます。素人の考えですが…どちらにせよMORITAは長期投資の為、現在の暴落をチャンスと考えています。相場が現在よりヒドイ状況になる可能性もありますが、今まで通りのマイルールを貫きたいと考えています。また、PayPayボーナスを利用した擬似運用体験ができる「ボーナス運用」が新しく始まりましたが、初心者が現在の相場環境で運用体験をするのはどちらかと言えば危険です。チャートだけみれば現在の相場環境はバーゲンセールのように感じてしまいますが、コロナと原油価格の問題は何も解決していません。むしろ問題が長期化する可能性が高いです。長期目線で「ボーナス運用」を始めたものの基準価格の下落に感情が耐えられなくなり損切りをしてしまう可能性が高くなります。底値なんて誰にも分かりません。今がチャンスかもしれないし今は静観する時かもしれません。「ボーナス運用」を始めるならよく考えてから計画的に始めることをおすすめします。

 

 

ってか、本業がピンチなんだよな…無職もありうるな…