ワンタップバイ米国株30ヶ月目!含み損突入だけどマイルール維持!

ワンタップバイで米国株へ長期投資中のMORITAです。

 

 

米国株は買い付け手数料が日本株よりかかるため、ある程度まとまったお金が必要です。ところがこのワンタップバイはそんな懐事情を気にすることなく米国株へ投資する事ができます。現在、MORITAはワンタップバイを利用していますが2年と6ヶ月の月日が経ちました。今回は30ヶ月目の運用状況を報告します。

 

 

 

 

紹介しているのはOneTapBUY米国株都度プラン」のみです。OneTapBUY米国株都度プラン」しか使っていません。なお、2020年3月31日より日本株アプリと米国株アプリが統合されます。

 

 

 

 

ワンタップバイ米国株のお知らせ

 

2020年3月31日より日本株アプリと米国株アプリが統合されます。

 

アプリについて

アプリ名は「 One Tap BUY日米株 」になります。強制アップデートは2020年4月2日予定ですが、アプリのベースが日本株アプリの為、米国株アプリは2020年5月末頃に提供終了になるので注意が必要です。

機能

一つのアプリで日本株と米国株の取引が可能になります。また、「 お気に入り 』機能が追加されたりアプリ統合と同時に米国株ETF12銘柄の追加が予定されています。

 

 

ワンタップバイ米国株少額投資!!のマイルール

運用期間

10年です。お金が入用で無ければ運用期間は見直します。

月に一回¥23,000円を入金

中途半端な金額ですがまたの機会に記述します。

月に一回¥5,000円を一社〜三社へ¥15,000まで投資

残金は相場急落時に突っ込む待機資金として保持。

保有銘柄上限数

最大五社まで。現段階では四社を目処にしています。

投資銘柄

その時の気分で自由に。

売却は基本しない

が、興味が無くなれば売る。損益より興味です。

ニュースで急落等が起きた場合は待機資金を突っ込む

目分量です…

 

 

ワンタップバイ米国株少額投資!!ポートフォリオ

2020年3月28日現在

 

ワンタップバイ米国株運用状況2020年3月-1

 

ワンタップバイ米国株運用状況2020年3月-2

 

 

銘柄選定について

 

ワンタップバイ米国株の口座は基本買いたい銘柄を買っています。難しい事を考えずに好きな会社や数年後儲かるかな?など深く考えずに選定しています。

保有銘柄

・アップル(AAPL)

・ツイッター(TWTR)

・エクソンモービル(XOM)

・スリーエム(MMM)

・ウーバー・テクノロジーズ(UBER)

 

 

損益推移

2020年3月28日現在

 

 

 

前回の運用報告記事投稿の夜から暴落スタートです。XOM以外は売りたいと考えていましたが気が変わりました。というより売れません。。MORITAは長期投資の為あまり短期的な動きは気にしませんが、暴落スピードが異常な為さすがに少し焦りました。というより待機資金を使い切っていたことを悔やんでいます。現金比率をあげるべきか少し検討しています。現在保有している銘柄とは長い付き合いになりそうです。

 

 

感想

 

Appleを半分売るつもりで考えていましたが予定変更です。新型肺炎と原油価格下落の影響によりついに含み損に突入です。前回記事投稿後に大幅に下落を始めたと思ったらあれよあれよと暴落しました。おかげでAppleの売却問題を白紙にすることができました。MORITAは長期投資の為、現在の暴落をチャンスと考えていますが貯めていた資金をワンタップバイ米国株のキャンペーンでほぼ使っていたので資金が全くありません。少し後悔していますが、相場が現在よりヒドイ状況になる可能性もあるので結果良しと自分に言い聞かせています。これから相場環境がどうなるか分かりませんが今まで通りのマイルールを貫きたいと考えています。また、日経新聞によると「 ネット証券の口座開設が急増 」とのことですが、初心者が現在の相場環境に突入するのはどちらかと言えば危険です。チャートだけみれば現在の相場環境はバーゲンセールのように感じてしまいますが、新型肺炎と原油価格の問題は何も解決していません。むしろ現在よりひどくなる可能性が高いです。長期目線で買ったものの株価の下落に感情が耐えられなくなり損切りをしてしまう可能性が高くなります。底値なんて誰にも分かりませんし、今がチャンスかもしれないし今は静観する時かもしれません。株を始めるならよく考えてから計画的に始めることをおすすめします。

 

 

サーキットブレーカー発動しすぎでしょ…