ワンタップバイ米国株25ヶ月目の運用状況!長期投資の醍醐味とは?

ワンタップバイで米国株へ長期投資中のMORITAです。

 

 

米国株は買い付け手数料が日本株よりかかるため、ある程度まとまったお金が必要です。ところがこのワンタップバイはそんな懐事情を気にすることなく米国株へ投資する事ができます。現在資金不足のため、MORITAはワンタップバイを利用していますが2年の月日が経ちました。今回は25ヶ月目の運用状況の報告と長期投資の醍醐味について少し触れたいと思います。

 

 

 

 

紹介しているのはOneTapBUY米国株都度プラン」のみです。OneTapBUY米国株都度プラン」しか使っていません。

 

 

 

 

・ワンタップバイ米国株少額投資!!のマイルール
・ワンタップバイ米国株少額投資!!ポートフォリオ
・銘柄選定について
・損益推移
・感想

 

 

ワンタップバイ米国株少額投資!!のマイルール

運用期間

10年です。お金が入用で無ければ運用期間は見直します。

月に一回¥23,000円を入金

中途半端な金額ですがまたの機会に記述します。

月に一回¥5,000円を一社〜三社へ¥15,000まで投資

残金は相場急落時に突っ込む待機資金として保持。

保有銘柄上限数

最大五社まで。現段階では四社を目処にしています。

投資銘柄

その時の気分で自由に。

売却は基本しない

が、興味が無くなれば売る。損益より興味です。

ニュースで急落等が起きた場合は待機資金を突っ込む

目分量です…

 

 

ワンタップバイ米国株少額投資!!ポートフォリオ

2019年10月26日現在

 

 

 

 

銘柄選定について

 

以前の記事で保有銘柄の理由を記事にしていますが、ワンタップバイ米国株の口座は基本買いたい銘柄を買っています。難しい事を考えずに好きな会社や数年後儲かるかな?など深く考えずに選定しています。

保有銘柄

・アップル(AAPL)

・ツイッター(TWTR)

・エクソンモービル(XOM)

組入予定の銘柄

・セールスフォース・ドットコム(CRM)

・ゴールドマン・サックス(GS)

・スクエア(SQ)

 

 

資金が少なく悩み続けています。この際、全部に突っ込むかと思いつつも踏み止まっている状態です。自由に買っているもののルールを守らないと歯止めがきかなくなる性格なので冷静と情熱のあいだで揺れています…というより、ただの優柔不断です。米国の企業は本当に魅力的な企業が多いですよね。

 

 

損益推移

2019年10月26日現在

 

 

 

スクリーンショットの前々日がTwitterの決算で約20%急落しました。含み益が一気に無くなっていたので何事?となりましたが、すぐさま待機資金をTwitterに全額突っ込みました。落ちるナイフはウェルカ厶ですが、残りは組入予定の銘柄分になるので待機資金はもうありません。組入予定の銘柄が決まる前にどれか急落があればまた突っ込みたいので、しばらくは三銘柄でもいいかなとポジティブに考えています。

 

 

感想

 

優柔不断全開で組入予定の銘柄も手つかずの状態ですが、保有している銘柄は落ちるナイフを躊躇なく全力で鷲掴みするという離れ業をやってのける始末…なぜだろう?と自問自答していましたが恐らく興味の問題かなと思います。どんなに優秀な銘柄でも興味が無ければ保有したいと思わないし急落時に握力を維持することができません。そういった意味で組入予定の銘柄もずっと躊躇しているのかなと思います。長期投資をする上で基本的には長い付き合いになるので中途半端な気持ちで銘柄を保有すると途中で投げ出す可能性があります。長期で保有するぞ!と意気込んでいたものの気づくと売却したい…MORITAも数々失敗してきました。現在の組入予定の銘柄に魅力を感じているのは事実ですが、長期間保有をしたいかと問われれば即答できないのが本音で少しミーハーな気持ちを抱いています。FANG(人気の米国IT企業)みたいに銘柄で分かりやすく選んでいませんが、CRMやAI、モバイル決済サービスなど今が旬なネタが絡んでいる銘柄を選定しています。もちろんネタがそのまま当たり前になる時代がくるかもしれませんが、こればっかりは分かりません。長期投資をするなら当たり前に定着しているネタで強い銘柄がベターです。そして、ずっと興味を持ち続けることができる銘柄を選ぶのが理想じゃないでしょうか?そんな銘柄を探し続けるのが長期投資の醍醐味ですよね。

 

 

ずっと興味を持ち続けるのって難しいんですけどね。