ウェルスナビとは?ロボアド投資を評価してみた。結果、手数料が高い!

もしかしたらロボットと結婚するかも?とちょっと思っているアラフォー独身男MORITAです。

 

 

ちょっとだけです…でも、もしかしたら…と希望を抱いています。。はい。今回はウェルスナビを紹介します。数年前に、

 

 

 

ロボアドバイザーってなに?

 

 

 

なんかカッコいい…と思って調べてみたんですが、ウェルスナビにたどり着きました。そして、中身の方が気になって調べてみたんですが大したことなくてがっかりでした。要はポートフォリオのパターンをいくつか用意しといて診断する人を年齢、資金、リスク許容度などを元に当てはめて微調整しているって感じですね。悪く言えばただの YES/NOチャートでしょうか?自動リバランス機能と自動税金最適化(DeTAX)辺りは唯一ロボアドバイザーって気がしますが、正直あまり魅力を感じませんでした。リバランスや税金計算などは資産運用の醍醐味なのでMORITAはその辺りを楽しみながら自分で好きにやりたい派です。結論としては、

 

 

 

現段階のウェルスナビを使うことは無いでしょう。

 

 

 

ただ、未来はわかりません。AIやアルゴリズムが進化するのは間違いないので20年後はウェルスナビ一本で運用しているかもしれません。近い将来にロボアドバイザーってすげーなってなっている確率は高いでしょう…と、妄想ばかり記事にしてもしょうがないので現段階のウェルスナビを評価してみました。ついでにウェルスナビってなに?という人もいると思うので簡単にサービス内容も紹介します。

 

 

ウェルスナビとは?

 

資産運用を全自動で行うサービス!

投資の知識や経験が不要で誰でも簡単に国際分散投資ができる!

日本のロボアドバイザーで預かり資産・運用者数がNo.1!!
(2019年12月時点モーニングスター社調べ)

 

 

預かり資産が2500億円を突破したみたいなんで批判しにくいw普通にすごいと思います。投資信託と比較してもかなり上位でしょう。(2020年6月現在)

 

 

ウェスルナビの特徴

6つの質問で運用プランを決定

6つの質問に回答するだけでリスク許容度を診断。そして、未来をシミュレーションしてくれます。必ずしも成功するわけではないので注意しましょう。

最適なポートフォリオの自動構築

難しい言葉がたくさん並ぶ理論に基づいてポートフォリオを自動構築してくれます。ちなみに投資の醍醐味の一つはポートフォリオの構築です。経験を積むと楽しいですよ。

運用資金をリアルタイム入金

24時間365日リアルタイムで入金できます。
(クイック入金対応の銀行に限るので詳しくはサイトで)

最適な配分で自動発注

ウェルスナビの強みの一つですね。ミリトレという少額でもETFwo買い付けすることができる機能があります。個人の取引ではまず不可能でしょう。

感情に左右されない自動積立て

個人投資家の最大の敵「 感情 」を排除できます。4種類のコースから選択することが可能です。

分配金の自動再投資

長期投資を勉強していると必ず登場する「 複利の力 」というやつですね。

自動リバランス

配分がおかしくなったポートフォリオを自動で直してくれます。ま、リバランスも投資の醍醐味なんですけどね…

自動税金最適化(DeTAX)

簡単に言うと、税金の支払いを減らせるように売買で調整してあげるよ!ってことです。ある程度の利益が無いと適用されないのであまり気にする必要は無いかもしれません。

 

 

ウェルスナビの手数料について

投資額の年間手数料概算イメージ

 

長期割等は含んでいません。

 

 

投資額手数料(税別)手数料年率備考
100,000,000円650,000円0.65%
60,000,000円450,000円0.75%
50,000,000円400,000円0.8%
31,000,000円305,000円0.98%3000万円を超える部分だけ0.5%下がる
30,000,000円300,000円1%3000万円までは通常1%で長期割がある
10,000,000円100,000円1% 

 

 

おつりで投資トラノコと同じで手数料が高いです。3000万円以上のお金を投資できる人以外は正直微妙ですね。ただ、全くの投資初心者はシンプルで分かりやすいので勉強代に丁度いいぐらいかなと感じます。ウェルスナビで運用したまま投資の勉強をしてもいいし、勉強が嫌な人はそのまま運用すればいいんじゃないでしょうか?投資に興味を持って勉強すれば必然と他の運用方法に切り替えると思いますが…3000万円以上投資できる人は3000万円を超える部分だけ0.5%手数料が下がるので一考する余地はあると思いますが、3000万円投資するお金があるなら自分でETFに直接投資した方がいいんじゃないでしょうか?

 

 

ウェルスナビの投資対象ETFについて

 

 

ETFの経費率が下がっている。とかかなり重要なんだけどな…ウェルスナビの手数料はそのまま1%みたいですね。

 

 

2018年8月30日時点のETFデータ

資産クラス銘柄運用会社名
(ブランド)
資産総額
経費率運用開始
米国株VTIVanguard約11.7兆円0.04%2001/5/24
日欧株VEAVanguard約7.8兆円0.07%2007/7/20
新興国株VWOVanguard約6.6兆円0.14%2005/3/4
米国債券AGGBlackRock(iShares)約6.2兆円0.05%2003/9/22
物価連動債TIPBlackRock(iShares)約2.6兆円0.20%2003/12/4
GLDState Street(SPDR)約3.2兆円0.40%2004/11/18
不動産IYRBlackRock(iShares)約0.5兆円0.44%2000/6/12

※Bloombergの2018/8/30時点のデータを元に1ドル=111円で換算しています。

 

2019年12月末時点のETFデータ

 

資産クラス銘柄運用会社名
(ブランド)
資産総額
経費率運用開始
米国株VTIVanguard約14.8兆円0.03%2001/5/24
日欧株VEAVanguard約8.4兆円0.05%2007/7/20
新興国株VWOVanguard約7.3兆円0.12%2005/3/4
米国債券AGGBlackRock(iShares)約7.5兆円0.05%2003/9/22
物価連動債TIPBlackRock(iShares)約2.3兆円0.19%2003/12/4
GLDState Street(SPDR)約4.7兆円0.40%2004/11/18
不動産IYRBlackRock(iShares)約0.5兆円0.42%2000/6/12

※2019年12月末時点のデータを元に1ドル=108.66円で換算しています。

 

 

上記のETFからリスクに応じてポートフォリオの比率を変更していくんでしょうね。日本でも有名なVanguard社やBlackRock社のETFを採用しています。ただ資産クラスにもよりますが、現在は投資信託で採用されていたり近い商品がでてきていますのでそちらを自分で運用した方がウェルスナビの手数料より大幅にコストが下がると思います。投信ブロガーの記事を読み漁っていると色々と見つかると思います。

 

 

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(VTI+VEA+VWO)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド(VTI)
  • 楽天・新興国株式インデックス・ファンド(VWO)

 

 

全く一緒は無理ですが、株式の部分は上記の投資信託を組み合わせたりしながらネット証券会社で自分で積み立てた方がよくね?と思います。株式以外の資産クラスは正直あまり分かっていないので何とも言えませんが、必要に応じて同じETFを買ったり投資信託で同じ指数が採用されているものを比較して検討してみたり不要というのも一つの手段です。積立投資自体初めの商品選択や設定以外放ったらかしで特にやる事も無いので似たようなもんじゃね?とか思ったりもします。一年に一回ぐらいは確認して運用方法を再検討してもいいですし、その辺りは投資に対する姿勢によって人それぞれですから何とも言えませんが、たまにはポートフォリオぐらい確認しましょう。MORITAも全く見てませんが、個人的にはポートフォリオを自分で全く管理できないなら投資するなよって話しです。バフェットなどの著名人が運用してくれるなら全部任してもいいでしょうけど…

 

 

ウェルスナビの無料診断結果

 

 

無料診断があったので試してみました。
(2018年9月現在)

 

 

 

 

無料診断で気になるのが残りの%の確率はどうなってるの?どうなるの?です。正直、天気予報が外れて雨が降った時と同じように許されると思えません。無料診断だから表記されていないのかもしれませんが、99%の確率でも1%側を引く可能性はあります。言い出したら投資なんてできませんが、こういうサービスに頼る人ほど元本割れなどのリスクを受け入れていない事が多いです。あくまで投資は自己責任MORITAが自分でポートフォリオを管理できないなら投資するなよって感じるのはそのためです。時間が無いからとか難しいからロボアドバイザー任せなどでは想定外の時にこんなはずじゃなかった…となります。だったら初めから投資はしない方が賢明です。含み損なんて平気で考えられますし投資金額が大きくなるにつれて含み損のストレスも倍増していくので注意が必要です。思いがけないタイミングでお金が入用になったり投資ができなくなる事もありますので全部任しとけばいいと安易に考えて投資するのはよくないと思います。

 

 

感想

 

ロボアドバイザーと名乗るぐらいならもう少しびっくりする事をやって欲しいんですけどね。これから色々と革新していくのかもしれませんが現在は名前負けしている気がします。ただ、投資の入り口としてはかなりいいサービスだと感じました。よくわからない金融商品とは違いサービスの内容もシンプルに明確化しているので安心できますし、不安だけど投資をしてみたいと思っている人や初めの一歩をなかなか踏み出す勇気がない人の背中を優しく押してくれる商品だと感じました。

 

 

押された先は奈落の底かもしれませんけどねw

 

 

資産運用が面倒くさくなって、ウェルスナビの手数料が米国のロボアドバイザーぐらいの手数料水準まで引き下がればぜひとも検討してみたいですね。

 

 

投資をするならよく考えてから始める事をおすすめします。また、投資は自己責任です。